6月23日の慰霊の日。


ハイサーイ♬( ^∀^)

いつもチュラコスブログをご覧いただきありがとうございます。

昨日の大雨から一転、本日は曇ったり晴れたり・・でも気温は毎日暑いですねw

去った、6月23日は「慰霊の日」でしたね。
沖縄の人にとっては、とっても大切な1日だったかと思います。
住民をも巻き込んだ地上戦・・・・・。。。
毎年、この日は糸満平和記念公園で追悼式が行われますが今年はコロナウイルスの影響で
規模を縮小しての開催。

74年前の沖縄戦では、20万人以上の方が命を落とされています。
命のバトンを渡されたからこそ、今があり
改めて「生きている事」への感謝を感じずには要られません。

追悼式の参加者の方は、「今でもこの歌を歌うと、当時の事を鮮明に思い出し涙が出る」・「まるで地獄絵図です」と・・お話されていました。

みなさんは、
今日という日は、”昨日亡くなった方”が死ぬほど生きたかった明日」という言葉を聞いた事がありますでしょうか。
私は初めて聞いた時、すごい衝撃を受け・自分が恥ずかしくなり、泣きたくなった事を記憶しています。

あ〜ぁ、なんかつまんない。だるい。もぅいやだなぁ・・・なんて思う事、人間誰しも経験した事あるかと思います。。
生きている事が当たり前だと感じているからこそ出る言葉なのかもしれません。

今生きている事が当たり前ではなく、
当たり前にお水が飲める事、
ティッシュがある事
・・・・いろんな事に感謝の気持ちを忘れてはいけないと改めて考えさせられます。。。

戦争を経験していない人は、経験している人のように当時の状況をそのまま後世に伝える事はできないかもしれません。
実際に経験をしていないから・・・・。
ですが、私たちにできる事は「命を大切にし、今を精一杯生きる事、戦争を知らない新しい世代に戦争の悲惨さを語り継ぐ事」を、し続けていかなくてはいけないですね。

沖縄の全てを大切にしながら平和な社会を、手を取り合い支え合うやさしい社会を心のそこから願うばかりです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です