沖縄のちょっと不思議な行事!


こんにちは!今日もチュラコス頑張っています♪

今日の更新は一周回ってCRM翁長に舞い戻りました!

覚えてますか?

 

そうです!翁長知事の翁長です!(※血のつながりはありません)

このくだりをすることで翁長のことを忘れないでいただけたら

幸いです…(‘ω’|壁

名嘉さん、座安さんに負けじとわたしも先日しれっと夜桜見に行きました(笑)

さて、2月も中旬です。沖縄では朝露や結露が発生中。車を運転中、窓が曇ったり、なんと霧が発生して雲海ができたり…なんて声も!じんわじんわと暖かくなっております♪

気持ちのいい朝を迎えながら今日も体操後に朝礼です。

わたし、現在大学に在学中の4年生なのですが、先日やっと卒業論文の発表が終わりました!さっそく、意気揚々と朝礼で語ってみました。

ここで沖縄の一大学生の語りをぽつぽつ…※長いのでご注意を!

わたしは民俗学という学問を勉強しております。民俗学、というとあまりピンとこない人もきっといらっしゃるかと思います。

でも好きな人はとってもはまっちゃう素敵な学問なんです!

妖怪、おとぎ話、迷信、村行事、お祭り…そんな感じのことを調べる学問です。ぜひ、調べてみてくださいね♪

その中で、わたしは特に沖縄のお墓やお葬式について研究していました。沖縄のお墓と、お墓に関する行事はとっても独特。

まずお墓が広い!(亀甲墓といいます)

毎年春には親せきで集まってお墓を囲んでごちそうを広げます♪(清明祭、シーミーと呼ばれています)

これは、子孫は元気にしているよーとご先祖さまを安心させ、同時に一家を築いてくれたご先祖さまに感謝するという意味が込められています。先祖崇拝が根強い沖縄では、お墓とご先祖さまはとっても親しみある存在なんですね!

そんなこんなで興味を持った学問について、卒論の締め切りに悲鳴を上げながら、(時にチュラコスのお仕事との両立に頭を悩ませながら…)駆け抜けた大学生活も、気づいたらあとわずかです。なんだかあっという間です。

発表会後にはゼミの後輩たちから名前入りのクバ笠を卒業証書としていただきました♪民俗学らしいです!

スーツ姿にそのままかぶせられるわたし。

沖縄の強い日差しから頭を守る昔ながらの笠です。本当に、植物の、本物のクバで編まれています!裏には愛あるメッセージが書かれていました♪

とってもしっかりしているので、普段使いに夏を中心に活躍させたいと思います!

そんな感じで、わずかながらに大学生を味わいながら…引き続きチュラコスのお仕事も気を引き締めて頑張ります!社会人に向けて…

では、翁長でした♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です